RC住宅で自由度の高い個性的なマイホームを|住宅は自由なお宅に

強い住宅作り

大きな一戸建て

東日本大震災以降住宅に対する考え方が大きく変わっています。
阪神淡路大震災以降でも昭和56年の新耐震基準の建物が損壊することが起こったため、施工方法についての基準が新たに設けられていました。
東日本大震災以降は低層の住宅でも揺れをあまり感じなくなるようなものが選考されるようになっています。
不動産業界全体でこのニーズに対応するために免震住宅の普及が図られています。
木造でも免震はできるのですが、RC造での免震住宅に対するニーズが増加しています。
展示場でも新たに新築された商品にはRC造で免震装置を備えたものが目立つようになっています。
不動産は金額が高額ですが、安全安心のためであれば多少の増加はやむを得ないと納得されているようです。

日本では長い間木造住宅が主流でした。
日本の高温多湿の気候には最適だったからだと思われます。
しかしながら、日本人も生活様式が西洋化するにつれてマンション住まいが増えており、若い世代を中心にCR造に住むことに抵抗が無くなってきています。
一戸建てにおいても最近ではコンクリートの打ち放しを外装にしたものが増加しています。
日本の気候は地球温暖化の影響で亜熱帯化しており、雨や風も以前よりは強力になっています。
木造ではこの影響が直接的に及ぼされるのに対してRC造であれば比較的防ぐことが出来るのも最近増加している理由の一つと考えられます。
不動産業界では今後100年間建替える必要のない住宅と言うことで耐久性の良いRCはさらに増えるものと期待されています。